--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.07.10 23:24




今日、日本放射線技師学術会主催の市民講座を聞きに行きました。
「放射線 放射能 を正しく理解するための市民公開講座」

東北大学大学院の千田浩一先生 広島大学の細井義夫先生 福島県立医科大学の宮崎真先生 長崎大学大学院の山下俊一先生の講演。。。

基礎知識。。。や外部被ばく、内部被ばく、小児についてなど。

その中でも宮崎先生が言われたに私もと思わず思ってしまった。

「福島で生まれこれからもずっと福島で生きていく。これから、県民は健診などを行っていく。将来的に福島県が他のところを比べてもがんの発生が高くならない。むしろ福島県民の方が健康という風になったらいい」と。
そういう趣旨の事を述べられた。

私もそう思う。ふたを開けたら、福島県民が一番長寿で健康だったらいいなぁと。

そして、そのためにひとりひとりが自分の役割をきちんとできたらと。

私は、今まで通り、保健師として皆さんの健康をサポートしていく。生活習慣病だったり、メンタル相談だったり。。。育児支援だったり。。。
変わらずに。。。

それが一番大事なのではないかと思った。

いつも通りに。。。生きる
スポンサーサイト

| 東日本大震災 福島 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | | 2011.07.16 09:33 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。